・のりんご
・・・
風景・・・

 幼稚なもの たどたどしいもの 素朴なもの 生活に即したもの 
       
ありのままのものにいかにひかれることか 魅力とはそうしたものだと思う 
        泥くささの中から 貧しさの中から
 台所の隅から はきだめの中から真実が生まれる 

デジカメ日記_最新 村を見つめて議員活動ほか最新
大自然の中で・・・ 自然に感謝して生きています
「ホームページ」へのご意見、感想、問い合わせ等はこちらから  
   
  牧ヶ原団地中央アルプス H29 6/12                                    昭夫画… 六識園を描く 年輪刻む「大国光」 (油50号)    

  
 あいさつ
ようこそ” 「 ホームページ」を開いてくださりありがとうございます。

 
アルプスのすんだ空気と緑の大地、
ここ信州、伊那谷の美しい大自然の中に、今、恵みあることを感謝します

社会の急激な変化。
政治、経済、世相も世界も、時流を見つめると、あらゆる面に大きな転換の風を思います。
新しい柔軟な発想なども生まれ、硬直化した旧体の流れを変えようとするエネルギーを感じとることもできます。

もう一度、お互いが歴史観に照らして、自分を、人間の営み社会を、ゼロから,問い直す時にも思えます。
そして 農業で云えば、適度な小体で、消費者の見える流通・価値創造の世紀とも考えます。

…消費者の心に目を向け. 自然と共に、自然に学び、感謝しつつ、りんご生産にふれる。
リンゴの本味に常にこだわり、自然をじっくりみつめていきたいと思います。


尚、HPは「ですある」調となりますが、ご容赦下さい。

所在地 長野県上伊那郡中川村葛島2030-2  六識園  高 橋 昭 夫 さち
                       
TEL・FAX 0265-88-2162                      最終更新日  2017  8  14
    

アオイ H29 7/19                                              「ふじ収穫」 収穫適期を待つ 11月下旬と遅い   

                     

「大国光」の幹を抱く  昭夫 さち                                          リンゴ園にボルドー散布 H29 7/20       
         
・・には毎年多くの人たちが果樹園を見に来てくださる。
作るは理論理屈でなく現地果樹園を見ていただくのが一番 良い。
りんごの木、樹、葉、実の成り立ち周りの環境、自然などを眺めていただくと説明はいらなくなる。
更には秋収穫時にりんごを口 にしていただくのが一番良い。

「ここ(果樹園)に立つと土の匂いがする」と口にされる人がいる。「りんごの香りが ぷんぷんする」と感じる人も多い。
りんごは持って重いものが美味しいといつも説明している。
又収穫時期も大切で、できれば皮さら食べて下さいと希望している。

収穫は早く珍しくを追わず、充分木に実を付け本味になったら収穫をし 新鮮 なりんごの発送を心がけている。
早朝の秋・冬のりんご園は鳥のさえずり、鳴き声がいっぱいである
 
実り深き
  11/5記     



 --------
真への言葉添へ、表現などで尊重を汚したり偏狭未熟なことはお許し下さ
 このサイトに掲載の全ての写真・画像は、六識園に著作権があります。無断転載はご遠慮願います
2009年6月25日 アクセスカウンター設置
                                                   
  Supported bySyenlong.net
エムラクリーム
広告 [PR]  再就職支援 冷え対策 わけあり商品 無料レンタルサーバー